Back デジカメ散歩道 2012 Next
2012.05.31
瀬上市民の森を歩く

友人と瀬上市民の森(横浜市栄区)へ。本郷車庫でバスを降り、瀬上沢小川アメニティ沿いから瀬上池へ、いつものコースだ。昨年も何度か来ているが、ここは本当に自然が豊か、川沿いを歩く時は川の中と川縁、更に道の逆側の草原・湿地も見なければならず、虫目歩きではなかなか瀬上池に辿り着かない。
今日もそんな亀の歩みで、瀬上池に着いたのはお昼を過ぎていた。歩くことが目的の人には考えられないペースだろうが、これはこれでよいのだ。(^^;)

瀬上市民の森にて/2012.5.31
▲ノイバラにヒメクロオトシブミの揺籃/人や車が通る道沿いでも虫たちは虫たちの営みを!

▲↑の近くにいたナナフシの幼虫

▲久しぶり、ネコハエトリ君! ハエトリグモも人のいる所が好きなような・・

▲アメニティ沿いはカメムシが多い

▲アカスジカメムシ

▲アカスジキンカメムシ

▲アカサシガメ

▲ナガカメムシの仲間?

▲またもマルカメムシの卵(36個)に出会ってしまった。産み立ては白いが、時間が経つと色がつくのか?

▲サルナシがたくさんの花をつけていた。昨年もびっしりと実をつけていたので、ここには雄株も両性花をつける株もあるはずだが・・

▲どういう訳か雄花しか見つからなかった・・

▲サルナシの間からのぞいたキブシに揺籃が! ウスモンオトシブミがいるようだ

▲湿地のぬし・ハンミョウがいつもの顔で歓迎(?)してくれた

▲こちらも行く先々で出会うラミーカミキリ。考えてみれば、どこに行ってもイラクサ(カラムシなど)が広範囲に生えていることが分かる

▲瀬上池の畔で何頭ものテングチョウが飛び交う。羽化したてなのだろう

▲この日のトンボ、まずはヤマサナエ。木道や地べたにも止まっており、かなりの数見かけた

▲今年撮り損なっていたダビドサナエ。ヤマサナエより小型、数箇所で見かけた

▲同上

▲カワトンボ♂/カワトンボの雌雄の見分けは、翅の後方についている斑紋が赤ければ雄、白ければ雌

▲斑紋が白いので雌

▲茶翅の♀ → [訂正]♂の幼体らしい
他には、シオカラトンボと、猛スピードで川面を往き来していた大型のトンボ(種名不明)がいた/これから夏に向かって、コオニヤンマやオニヤンマ、モノサシトンボ、ハグロトンボなどなど、楽しみな瀬上だ


Back | デジカメ散歩道 2012 | HOME | Next