Back デジカメ散歩道 2017 Next
2017.01.05
年明け

穏やかな三が日だった。今日(4日)もぽかぽか陽気が続く。今年最初の散策は、図らずも昨年同様広町緑地になった。
まずは昨年から集団越冬しているムラサキツバメは元気かな・・?と、タブノキに近づくと、元気のいい1匹が周囲を飛び回っていた。飛び疲れると(?)仲間たちのいる“お家”に戻る。6〜7匹はいるようだ。
木製の柵の上にはオオミスジマルゾウムシが1匹日向ぼっこしていた。

湿地の入口にはメジロの集団(6〜7羽)、奥の湿地にはかなりの数のアオジ集団がいた。同じ場所にシロハラも確認。他の種も混じっていたかも知れないが、どの鳥も人慣れしておらず近づかせてくれなかった。
午後3時過ぎにもう一度アオジ湿地に行くと、すぐ近くに青い鳥が! 「うわ、10年ぶりのルリビタキ!」と焦ってシャッターを切ったのだが・・、ぼけぼけ写真が2枚撮れただけだった。(>_<)

翌日、リベンジにもう一度広町へ。やはり3時頃に湿地に行くと、かなり距離があったが、昨日の青い鳥が現れた。近づくと逃げるのでこの日は遠くから見るだけにした。暗くて写真はいまいちだが、ここに住み着いていることが分かったので、また来てみようと思う。ネットを見ると今年はルリビタキの当り年のようだ。

広町緑地/2017.1.4&1.5
▲ムラサキツバメ集団。何匹かはお散歩中? ストロボを焚いたら赤目になってしまった。(4日)

▲今日は少し寒いので飛び回っているものはいない。これで全部かな?(5日)

▲越冬中のウラギンシジミ。(5日)

▲オオミスジマルゾウムシが日向ぼっこ。(4日)/別アングル戻る
▲アオジが何とか撮らせてくれた。(4日)

▲同上(5日)

▲鮮やかな青! ルリビタキ♂(5日)

▲ガマの穂が弾けて綿毛が飛ぶ。

▲ガガイモの種が飛ぶ。

▲マルバウツギの紅葉がまだ残っていた。


Back | デジカメ散歩道 2017 | HOME | Next