初めての画像処理
2002.10.31

デジカメが普及してきました。「パソコンを始めて、インターネットに繋がるようになった。ホームページ閲覧やメールも楽しんでいる。さて、次に何をしたらよいか? そういう人にはデジカメをお勧めしたい」と、以前かわら版に書いたような気がします。最近私の周辺でも、初めてデジカメを買う人が増えてきました。大いに楽しみましょう!

デジカメを始めるとどんな楽しみ方ができるのでしょうか? 最初のうちは今までどおりプリント写真にすることを考える人が多いようですが、その他にもデジカメの楽しみ方は色々あります。ざっと考えて、

  1. パソコンに取り込んで、ビューアやアルバムソフトで眺める。
  2. パソコンに取り込んでプリンタで印刷する。(デジカメから直に印刷できるプリンタもある。)
  3. メールに添付して友人・知人に送ってみる。
  4. 画像掲示板に投稿する。
  5. ホームページに掲載する。
  6. Wordなどの文書ファイルに取り込んで印刷する。
  7. 色々な加工をして絵葉書など作って印刷する。
こんなところでしょうか? パソコン歴が浅くてデジカメを始めたばかりでも、取り敢えず1と2はクリアした人が多いでしょう。が、3以降になると、ちょっと新しいことを覚える必要があるかも知れません。

デジカメで撮った写真を何枚もメールに添付して送ったら、相手から「こんなに重たいメールを送って!」と怒られた。また、メールサーバに受信拒否されて戻ってきてしまった。こんな経験をした方も少なくないでしょう。

また、最近は画像掲示板が大流行りです。誰でも画像つき記事を投稿できるようになっています。デジカメ画像を画像掲示板に投稿したところ、容量オーバーで受付けてもらえなかった。また、許容容量を越えていたので、勝手に縮小されてしまい、思いどおりの画像が送れなかった。こんな経験をした方もいらっしゃるかも知れませんね。

そこでこういう方達のために、ごくごく基本的な写真画像加工について書いてみたいと思います。目的は写真画像をメールで送ったり、画像掲示板に投稿できるように“適当な”形に加工することです。

その前に、デジカメで撮った写真画像の属性について、またその調べ方について少し知っておきましょう。写真画像を入れているフォルダを「マイコンピュータ」から開いてみて下さい。右図のように表示された人は少ないかも知れませんが、今だけでもこのように表示してみましょう。

ファイル名が「DSC05456」のようになっていてピリオド以下が表示されない人は、「ツール」→「フォルダオプション」→「ファイルの表示」で「登録されているファイルの拡張子を表示しない」のチェックをはずして下さい。
ちなみに、このピリオド以下の3文字を拡張子(かくちょうし)といいますが、ファイルのタイプを表す3文字だと思って下さい。パソコンを買ったままの状態だと拡張子が表示されないようになっていますが、パソコンのことが段々分かってくると、拡張子は表示されていた方が便利です。チェックをはずしたら、すべてのフォルダでも拡張子が表示されるように「現在のフォルダ設定を使用」をクリックしましょう。これで以後すべてのフォルダで拡張子が表示されるようになります。表示したくなければいつでも元に戻せるので安心してやって下さい。

拡張子は表示されたものの、アイコンが見えているだけで、「名前」「サイズ」・・・など出て来ないという人は、「表示」→「詳細」を選んで下さい。この表示タイプには「大きいアイコン」「小さいアイコン」「一覧」「詳細」「縮小表示」(Windows98以前にはない)とあり、どれを選ぶかは好みで決めればよいのですが、私はいつも「詳細」にしています。取り敢えず、今は「詳細」にして下さい。

これで上図のように「ファイルの名前」「サイズ」「更新日時」「種類」が見えるようになったはずです。「種類」の所は人によって色々なので、今は気にしないで下さい。
画像加工するに当って、今、ここで気にしてほしいのはサイズです。上図ではだいたい300KB〜800KBになっていますが、私のデジカメ(211万画素)では、最高の画質で撮ると250KB〜1MBぐらいになります。このサイズは写真によって大きく変わります。みなさんの写真画像のサイズは何KBぐらいになっているでしょうか?

覚えておいていただきたいのは、ここで言うサイズとは、写真の縦横サイズのことではなく、そのファイルがどれくらい重たいか、つまりファイル容量を指しているということです。ファイル容量の大きいファイルを重いファイル、小さいファイルを軽いファイルという言い方をすることもあります。

なかなか画像処理の話に行きつきませんが、もう少し続けます。このファイル容量と画像の縦横サイズ(ピクセル数)のことを混同している人が多いので、後々話がややこしくなります。しっかり区別しておいて下さい。

話が脇道に逸れるようで恐縮ですが、このファイル容量について少し知っておきましょう。いきなり何キロバイト(KB)のファイルと言われてもピンと来ない人もいらっしゃるでしょう。それが重いのか軽いのか実感がないかも知れませんね。
ファイルの容量を表す単位としてバイトを使うと覚えていて下さい。1バイトとはどのくらいの容量かと言うと、半角の英数字1文字をしまっておく場所の容量と考えてもよいです。漢字や全角のかなは1文字当り2バイトを要します。1キロバイト(KB)とは1000バイト、1メガバイト(MB)とは1000キロバイト=100,000,000バイトです。

そこで500KBの画像ファイルが漢字・かな文字にしたら何文字分の容量に相当するかを計算してみます。
  500KB = 500,000バイト
  漢字・かな1文字 = 2バイト
  500,000バイト ÷ 2バイト = 250,000
何と、25万字分の容量に相当することが分かります。25万字とは400字詰め原稿用紙にして600枚以上ですから、500KBの画像1枚をメールに添付することは、原稿用紙600枚分の文字をメールに書いて送ったことと同じです。(実際にはもっと増えます。) 重いわけですよね? ましてや、何枚も添付したりしたら、それこそ本一冊分送ったような感じです。

ファイル容量に関して、少し実感を持っていただけたでしょうか? デジカメを始めて初めてファイル容量だとか○○KBだとか聞き慣れない言葉を聞き、面食らう方も多いようなので、敢えてくどくどと説明しました。
今やブロードバンドの時代、通信環境によっては1MB程度の添付ファイルは問題ない人も多いのですが、まだまだ電話回線とモデムでインターネットに繋いでいる人も多く、1MBのメールを受信するのに10分以上かかる人もいます。画像をメールに添付する時は注意が必要です。それと、インターネットはみんなのもの、自分だけよければよいというものでもありません。インターネットに送る画像ファイルは不必要に重くしないという原則は変わらないと思います。

そこで、デジカメ画像をメールに添付したり、画像掲示板に投稿するには、適切な加工をして、ファイル容量を小さくして送る必要が出てくるわけです。話がやっと元に戻りましたが、続きは次回ということにさせて下さい。次回は、多くのWindowsマシンに標準インストールされているPhoto Editor、または、お勧めのフリーソフト・VIXを使ってごく基本的な写真画像加工をやってみたいと思っています。

なお、VIXは下記よりダウンロードできます。興味のある方、ご自分でできる方はどうぞお試し下さい。 http://homepage1.nifty.com/k_okada/


急いで書きましたので、分かりにくい所があるかも知れません。適時書き直します。
ご意見・ご質問がありましたらメール下さい。

続きをなんと今ごろアップしました。(2006.1.15 ^^;) => 初めての画像処理(2)

メールはこちらへ 一人静  
前号   次号


かわら版TOPへ